初対面でのおもてなし「三献の茶」

初対面の相手に完璧なおもてなしをするのはなかなか難しいもの。しかし三成は初対面の秀吉の心を掴み、家来にしたいと思わせるほどのおもてなしを披露していました。
長浜城主になって間もない秀吉が鷹狩の帰りに、当時三成が預けられていたとあるお寺に立ち寄りました。のどが渇いていた秀吉が、出てきた小姓さんにお茶を出してくれるように頼むと、小姓さんは大きめの茶碗にぬるめのお茶を入れて出しました。すぐに飲み干してしまった秀吉はもう一杯頼みます。すると今度は茶碗半分ほどに先ほどよりもやや熱いお茶が出てきました。秀吉が気になってさらにもう一杯頼むと、出てきたのは小さな茶碗に入った熱いお茶。
渇いた口でも飲みやすいぬるめのお茶からはじめ、徐々に熱くしたものを出す。飲む相手を思いやったおもてなしをしたこの小姓さんこそが三成その人だったのです。
こうして、三成は秀吉に気に入られて長浜城に連れ帰られ、秀吉のもとで武将としての人生を歩み始めました。
→三成がもてなした近江の茶について【近江の茶パンフレットPDF】