名士・嶋左近を部下に「君臣禄を分かつ」

三成に仕えた部下として一番有名なのが嶋左近です。のちに「三成に過ぎたるものが2つあり、嶋の左近と佐和山の城」と詠われるほどの名士だったとされる嶋左近を部下にした方法は、とても大胆なものでした。
三成が秀吉から4万石の領地を新たに与えられたとき、秀吉は三成に、何人家来を増やしたか尋ねました。「一人です。」と三成は答えました。なぜ4万石もの領地を与えられて一人しか家来が増えなかったのかと秀吉が疑問に思い、誰をどれだけの禄高で召し抱えたのか尋ねました。すると三成の口から驚きの事実が語られます。なんと三成は嶋左近に領地の半分2万石を与えていたのです。「主君と家臣の禄高が同じとは聞いたことがない、だがそうでもなければ左近ほどの名士が部下にはなるまい。」と秀吉は驚きつつも納得したということです。